ヒアルロン酸注入でしわの無い美肌に

肌にエイジングサインがあらわれ始めたのは30歳頃から

私の肌にエイジングサインがあらわれ始めたのは30歳頃からで、35歳を過ぎた頃から肌の衰えが本格的な悩みになりました。
エイジングサインが出始めた時点でちゃんとしたケアをしていれば、これほどの悩みに発展しなかったかもしれないという後悔があります。
目元のハリが無くなってまぶたが垂れ下がり指でまぶたを持ち上げて固定しないとキレイにアイラインを引くことが出来ない、ホルモンバランスが乱れたり環境が変わったりするとゆらぎ肌が発動して不安定な肌になりTゾーンが脂っぽくなって毛穴が開く、頬や首筋や顎や口元に大人ニキビがたくさん出来てなかなか治らず色素沈着が生じニキビ跡として残ってしまう、老人性色素斑と肝斑とそばかすが複雑に入り乱れている状態で乾燥によるくすみも相まって明るめの色のファンデーションを塗ると灰色に見える、むくみとたるみが重なってフェイスラインがゆるみ顎のシャープさが失われるなど私の顔に出ているエイジングサインを数え上げたらきりがありませんが、その中でも最も気になっているのがしわです。
口元の法令線やおでこと眉間の表情じわや目元の乾燥小じわや頬のちりめんじわがくっきりと入っていて、陽の光の下で自分の顔を鏡でまじまじと見ると老け過ぎていて驚きます。
ワセリンや濃密な保湿クリームや硬めのテクスチャーのバームを塗ると少しはましになりますが、ベースメイクをすると全ての顔のしわが悪目立ちしてしまうという感じです。
乾燥が大敵となるので、パックをしたりサプリを飲んだりハンディミストでこまめに潤いをチャージしたりファンデーションをクリームタイプに変えたりなど乾かないようにするための努力はしていますが、水分保持力を高めて潤いをキープさせるのはとても難しいことです。
年齢に負けてしまっているなという感じで、何か大きな力に頼らざるを得ない状況になってしまいました。
そこで私が頼ったのが美容皮膚科です。

肌にエイジングサインがあらわれ始めたのは30歳頃から鏡を見るたびにしわが気になってしまうお肌だけではなく心も若返ったような気がします

ヒアルロン酸注入アゴ・ホホ・こめかみへのヒアルロン酸注射